喪中はがきの印刷が安い、そしておしゃれなサービス

喪中はがきはいつまで?範囲は?という疑問にスパっと回答!

こんにちは、喪中マスターです。

喪中はがきなんて一生に数回しか出さないので、みなさんいつまでに出すのが礼儀なのか、その度に疑問に思って調べているようですね。

でも、そもそもの喪中はがきとしての在り方、存在意義を知っていれば、今後一切迷うこともなくなると思います。

何でもそうですが、本質を知るということが大事ですね!

喪中はがきの意味から投稿タイミングを考える

よく勘違いされるものとして多いのが、年賀状の代わりが喪中はがきである、という認識です。

これ、全く持って違います。

喪中はがきの意味としては、近親で亡くなった方がいるため、今年は喪に服し、新年を喜ぶことができませんので予めお伝えしておきます、ってことです。

つまり、相手にも年賀状は控えてね、って教えているんですよね。

※実は正式名称を年賀欠礼状と言います。

となると、当然ながら相手が年賀状を準備する前にこの事実を伝える必要があるわけです。

ってことは、、、遅くとも12月半ばくらいまでには出しておきたくないですか?

早い方だと12月頭で年賀状の用意を手配する方もいますし、喪中はがきもそれくらに合わせて出しても全然かまいません。

なので、強いて回答するならばいつまでというの期限はないが早いほうがいい、できるなら喪中はがきの印刷受付が始まったらすぐに、がベスト!!!と私としては言いたいところです。

概ねどこのネット印刷業者でも、10月後半~11月頭には喪中はがきの受け付けを始めているはずです。

とは言え、12月になくなる方もおられますし、そういう場合はしょうがないですよね。もう時期のことなんて考えられませんから。

亡くなって、落ち着いたらすぐに喪中はがきの準備をしてください。

それが年内に間に合わなそうであれば無理をせず、年が明けてから寒中見舞いという形で挨拶をする手もありです。

ところで喪中となる範囲はどこまで??

まず親や子、または配偶者、兄弟が亡くなった場合はどう考えても喪中になるとわかりますよね。

あれこれ考えずとも、感覚的に喪中の範囲と判断できます。

そして昔からの慣例として、2親等以内の親族がなくなった場合が喪中、と言われておりますので、実はそんなに範囲は広くはありません。

1親等は自分の親、配偶者、そして子供となりますので、2親等と言えば祖父母、孫あたりまでですよね。

また結婚されている場合は、義理の親も1親等として数えます。

ってことは、配偶者の兄弟は2親等になりますね!

じゃあ、凄く仲のいい友達が亡くなったりした場合は喪中はがきはダメなの?という例外も想像できますが、そういった場合でも喪中扱いにしても問題ありません。

これはその方との縁の深さをベースにした考え方ですよね。

そしてもっと言えば・・・大好きなペットが天に召された場合でも喪中としてもいいでしょう。

人によってはペットが配偶者、兄弟的な存在だ!という方も多いですし、結局は故人が自分にとってどんな存在であったか、という点で判断して一切問題ないのです。

年賀状ほどではありませんが、喪中はがきを安くコスパよく注文できるネットサービスはそれなりに存在しています。当サイトではそれぞれを実際に使ってみながら料金、クオリティー等の面で比較して、現時点のおすすめをご紹介しております。宛名印刷がないけど安い、宛名は無料でできる!、デザインがいい!などいろんな特長を持った会社がありますよ!ぜひ納得の品質を前提に、喪中はがき 安いという最高の条件で安心して故人を偲ぶためのはがきを作ってみてはどうでしょうか。