安くておすすめの喪中はがき印刷

【最短即納】喪中はがき印刷が速い!当日、即日仕上げ可能なこのサービス

喪中はがきの準備が遅れている・・・
今からできるだけ早く仕上げてくれる業者を知りたい!

はい、そんなあなたにおすすめなのが、おたより本舗の年賀状印刷サービスです。

何とおたより本舗では・・・

  • 喪中はがき印刷のみの注文:昼12時までの注文で即日仕上げ・当日出荷
  • 宛名印刷も一緒に注文する場合:2日後の出荷

という速さなんです!

これは私が知る限り、喪中はがき印刷の最速最短納期となっています。

しかも営業日換算ではありません!曜日に関係なく印刷・発送してくれますよ!

近くにカメラのキタムラがあれば店舗での喪中はがき印刷申し込みで即日手渡し納品も可能です。

でもおたより本舗などネット注文と比べて高くなりますし、手間の問題もありますよね。

それに宛名印刷までやると更にコストがかかります、納品日数も伸びます。

そういった点を考慮しても、やっぱり今すぐおたより本舗でWEB注文すること・・・これが最速で喪中はがきの準備を終わらせる方法だといえます。

私も実際に注文!本気でおすすめの喪中はがき印刷はココ!

喪中はがきの準備で損したくない方は要チェック!

おたより本舗の喪中はがき印刷が速い、その詳細解説

では実際に、おたより本舗の喪中はがき印刷がいかに早いのかを、実際の公式サイト上の説明も引用しながら説明をしていきます。

一番わかりやすいのがこちらの納期に関しての表ですね!


※この納期表の引用元:ご利用ガイド|喪中はがき印刷の専門店おたより本舗

これを見れば特に説明の必要すらもないかと思いますが、当日仕上げ、即日仕上げの証拠としては十分でしょう。

ぜひとも安心しておたより本舗を利用してください。

私の詳細レビュー:おたより本舗の喪中はがき、宛名印刷無料に!料金表やリアル体験レビュー

発送は大阪・和歌山・静岡から!

おたより本舗の印刷工場は1拠点だけではなく複数あります。

実際、あなたのお住まいに一番近い印刷工場で印刷し発送しますので、関東・関西関係なく最短での納品が期待できるというわけ。

場合によっては注文した翌日にはポストに納品されていた、、、ということもあり得ます。

また遅くとも2日後にはほぼ確実に喪中はがきが届いているはずですよ!

今日注文でいつ届く?喪中はがき印刷の納期日全スケジュール

納期日を確実に知りたい!という場合、何日の予約完了でいつ発送完了となるのか、具体的な日にち・曜日が知りたいですよね。

特に準備が本当にギリギリという場合は気になるかと思います。

おたより本舗では年末の11月、12月において発送スケジュールを公開しておりますので、それをそのままこちらにも転載しておきますね!

それを見れば急ぎの方でも安心して注文ができるはずです。

2019年11月のスケジュール

注文日当日出荷2日後出荷
昼12時までの受付喪中はがき印刷のみ宛名印刷をする場合
11月1日(金)昼12時まで11月1日(金)11月3日(日)
11月2日(土)昼12時まで11月2日(土)11月4日(月)
11月3日(日)昼12時まで11月3日(日)11月5日(火)
11月4日(月)昼12時まで11月4日(月)11月6日(水)
11月5日(火)昼12時まで11月5日(火)11月7日(木)
11月6日(水)昼12時まで11月6日(水)11月8日(金)
11月7日(木)昼12時まで11月7日(木)11月9日(土)
11月8日(金)昼12時まで11月8日(金)11月10日(日)
11月9日(土)昼12時まで11月9日(土)11月11日(月)
11月10日(日)昼12時まで11月10日(日)11月12日(火)
11月11日(月)昼12時まで11月11日(月)11月13日(水)
11月12日(火)昼12時まで11月12日(火)11月14日(木)
11月13日(水)昼12時まで11月13日(水)11月15日(金)
11月14日(木)昼12時まで11月14日(木)11月16日(土)
11月15日(金)昼12時まで11月15日(金)11月17日(日)
11月16日(土)昼12時まで11月16日(土)11月18日(月)
11月17日(日)昼12時まで11月17日(日)11月19日(火)
11月18日(月)昼12時まで11月18日(月)11月20日(水)
11月19日(火)昼12時まで11月19日(火)11月21日(木)
11月20日(水)昼12時まで11月20日(水)11月22日(金)
11月21日(木)昼12時まで11月21日(木)11月23日(土)
11月22日(金)昼12時まで11月22日(金)11月24日(日)
11月23日(土)昼12時まで11月23日(土)11月25日(月)
11月24日(日)昼12時まで11月24日(日)11月26日(火)
11月25日(月)昼12時まで11月25日(月)11月27日(水)
11月26日(火)昼12時まで11月26日(火)11月28日(木)
11月27日(水)昼12時まで11月27日(水)11月29日(金)
11月28日(木)昼12時まで11月28日(木)11月30日(土)
11月29日(金)昼12時まで11月29日(金)12月1日(日)
11月30日(土)昼12時まで11月30日(土)12月2日(月)

2019年12月のスケジュール

注文日当日出荷2日後出荷
昼12時までの受付喪中はがき印刷のみ宛名印刷をする場合
12月1日(日)昼12時まで12月1日(日)12月3日(火)
12月2日(月)昼12時まで12月2日(月)12月4日(水)
12月3日(火)昼12時まで12月3日(火)12月5日(木)
12月4日(水)昼12時まで12月4日(水)12月6日(金)
12月5日(木)昼12時まで12月5日(木)12月7日(土)
12月6日(金)昼12時まで12月6日(金)12月8日(日)
12月7日(土)昼12時まで12月7日(土)12月9日(月)
12月8日(日)昼12時まで12月8日(日)12月10日(火)
12月9日(月)昼12時まで12月9日(月)12月11日(水)
12月10日(火)昼12時まで12月10日(火)12月12日(木)
12月11日(水)昼12時まで12月11日(水)12月13日(金)
12月12日(木)昼12時まで12月12日(木)12月14日(土)
12月13日(金)昼12時まで12月13日(金)12月15日(日)
12月14日(土)昼12時まで12月14日(土)12月16日(月)
12月15日(日)昼12時まで12月15日(日)12月17日(火)
12月16日(月)昼12時まで12月16日(月)12月18日(水)
12月17日(火)昼12時まで12月17日(火)12月19日(木)
12月18日(水)昼12時まで12月18日(水)12月20日(金)
12月19日(木)昼12時まで12月19日(木)12月21日(土)
12月20日(金)昼12時まで12月20日(金)12月22日(日)
12月21日(土)昼12時まで12月21日(土)12月23日(月)
12月22日(日)昼12時まで12月22日(日)12月24日(火)
12月23日(月)昼12時まで12月23日(月)12月25日(水)
12月24日(火)昼12時まで12月24日(火)12月26日(木)
12月25日(水)昼12時まで12月25日(水)受付終了
宛名印刷も一緒に申し込みたい場合は、そのリミットは12月24日(火)昼12時まで!ということになりますね!

その他、ここも納期が速いよ!人気の印刷業者紹介

当ページではおたより本舗が即日仕上げ、当日仕上げでコスパも良いため、私のおすすめとしてまずは紹介させていただきました。

ですが他にも仕上げ、発送まで速い印刷業者はありますので、漏れがないように他社も紹介はしておこうと思います。

喪中はがきのデザインなど気に入ったものがあれば、必ずしもおたより本舗だけにこだわる必要はありませんからね!

喪中はがき印刷・各社の納期の早さ比較表

印刷サービス名 注文確定時間 宛名印刷なし 宛名印刷あり
ネットスクウェア 17:00(夕方5時) 翌営業日 7~8営業日後
カードボックス 昼12:00 翌営業日 プラス1営業日
挨拶状ドットコム 24:00(深夜0時) 翌営業日 変わらず
ふみいろ喪中はがき 13:00(午後1時) 当日出荷 変わらず
ラクポ 24:00(深夜0時) 翌営業日 プラス1営業日
平安堂 24:00(深夜0時) 3営業日後 プラス5営業日

ということで、実はふみいろ喪中はがきも相当速いことがわかりました。

宛名印刷を含めても納期変わらず、最短で当日発送が可能なんですね!

尚、13:00を過ぎるようであればどこも同じになり、ほとんどが翌日発送となります。

こうやってみるとどこも納期スピードにはこだわっていて、ぶっちゃけどこを選んでも大差がないことがわかりますね(^^;)

ただその中でも、おたより本舗は宛名印刷無料であり、料金の安さ的にもおすすめである!というのが私の結論になっているわけです。

12月の半ば以降は、寒中見舞いにする!という選択肢もあり

喪中はがき印刷サービスをやっているところは12月の後半までは注文を受け付けています。

なので年内に送れるなら喪中はがきを用意すればそれでいいんです。

ですが、昨今の日本における喪中はがきの役割ととして「こちらは喪中だから年賀状は送ってくれるな!」という意思表示の側面もあるんですよね。

本来であればこれは間違った解釈です。

こちらが喪中であっても、相手が年賀状を送ることはマナー違反でも何でもありません。

単に、新年のあいさつは遠慮しますという欠礼を詫びる意味しかないのに、です。

ポイント

この2つはどちらも問題ない!

  • 喪中に年賀状を頂戴すること
  • 喪中の方にに年賀状を送ること

これについては、各社ちゃんと見解を示しているので間違いありません!

Q、喪中ですが、年賀状は受け取りたいので喪中はがきにその旨を書いてもいいでしょうか?

A、本来、喪中はがきは新年の挨拶を控えるという挨拶状ですので、服喪中に年賀状を受け取ることには問題はありません。
しかしながら、受け取るお相手によっては非常識だと感じたり、どんな年賀状を書けばよいのか戸惑われることもあります。

おたより本舗|よくある質問より

喪中でも年賀状を受け取るのはマナー違反ではありません。
年賀状のないお正月は、とてもさみしいものです。
年賀状を受け取ることが失礼に当たるのではないかと考える人も多いですが、実は、喪中でも年賀状を受け取ることは、年始の挨拶を受けるという意味ですから、何ら問題はありません。

喪中はがきのマナー|郵便局

ただこの事実を知らない方は意外と多いです。

「喪中はがき=年賀状お断り説」を強く信じている方は、これをすると大変失礼なやつだ!と憤慨することもあるんですよね(^^;)

非常に面倒な人種なんですが、できればこういう事態はあなたも避けたいはず。

逆に言えば、こういう人は「喪中はがきの準備が遅れたあなた」を内心で非難するはずです。

あなたのせいで私が年賀状を送ってしまったではないか!と…。

もし周りにこういう人が潜んでいそうな場合、相手が年賀状の準備を終える12月の半ば以降はもう喪中はがきは諦めるのも無難な選択肢です。

その代わり、年明けに寒中見舞いで対応すればいいんですよね。

その際の挨拶分として「喪中で新年の挨拶は失礼した」旨を一言入れておけばオッケーです。

12月の半ばくらいに差し掛かっており、こういう事態も懸念されるようなら無理に納期の早さにこだわって喪中はがき印刷をオーダーしなくてもいいでしょう。

落ち着いて年明けに寒中見舞いの準備をする方向性に切り替えるのも効果的です。

喪中はがきの代わりに寒中見舞いを出す時期は?

寒中見舞いの場合、出す時期としては1月8日以降に相手に到着するように、が正解です。

そして暦の上での立春となる2月4日までがリミットとなります。

1月7日までは松の内と呼ばれ、この間に年賀状のやり取りを行うのが日本の習わし、マナーです。

喪中はがきを出すことを諦めた場合、次の寒中見舞いの準備までちょっと余裕が生まれますね!

でもここでゆっくりしすぎると、また同じように寒中見舞いでさえギリギリになる可能性があります。

そのための準備だけはネット注文でできるわけですから、モチベーションが高い今のうちにぜひ寒中見舞いの印刷注文も出しておくと良いでしょう。

-安くておすすめの喪中はがき印刷

Copyright© 喪中はがき印刷が安い!ネット注文の最安値、格安比較とおすすめ , 2020 All Rights Reserved.