喪中はがきの印刷が安い、そしておしゃれなサービス

カードボックスの喪中ハガキは宛名印刷無料でかなりおすすめ!

喪中はがきにおいては宛名を汚い字で手書きするわけにもいきませんので、やっぱりプリンターで印字したいもの。

でも、家のプリンターでやるとなるとけっこう手間ですし、そもそもプリンタが無い場合も。。。

そんな時にデザイン印刷と一緒に宛名印刷も注文でき、しかもそれが無料だったとしたら、、、

そういった都合のいい喪中はがきがカードボックスでできちゃうんです!

そこまで有名な年賀状/喪中ハガキ業者ではないのですが、この内容であればかなりおすすめできます。

※カードボックス喪中はがき公式ページがコチラ

カードボックスの喪中はがき、そのポイント

  • 宛名印刷が基本料金も印刷代も無料!
  • 完成した喪中はがきは自宅まで送料無料でお届け
  • デザインは一般的なものが多いけど、強いこだわりがないならこれで十分
  • 昼12時までに発注すれば翌日中の出荷対応
  • お得な早割で、早期に申し込めばそれだけ料金メリットが出る

宛名印刷が完全無料!喪中ハガキでこれは嬉しい

楽しい気分の年賀状ならまだいいですが、喪中はがきはある程度しっかりしたいので相手様の宛名はキレイに印刷したいですよね。

でも普通は宛名印刷料金は有料が多いです。

そんな中、カードボックスなら宛名印刷が完全無料なので気軽にこのオプションも使えます。

書体と印字方向が選べる!

まず宛名で使える書体は全部で4つです。
★楷書体、明朝体、行書体、隷書体

そして更にいいなと思ったのが住所の印字の方向を縦でも横でもOKってこと。

横書きには対応していないところも多いですが、カードボックスならこれも無料でやってくれるわけです。

また縦書きと横書きの住所を混在させてのオーダーもできるため、それもまた便利です。

住所の登録方法は2パターン

1つがエクセルを使って一気に住所録を登録してしまう方法です。

カードボックスに会員登録してログインすると、マイページ内から住所録テンプレートダウンロードができます。

これをエクセルで開いて住所や名前を入力し、それをアップロードすればOKです。

これが一番簡単でおすすめではありますね!

そしてもう1つが「WEB上で登録する」方法です。

これも会員ページにログインしてからの作業となりますが、住所を1件ずつ登録していきます。

ちょっと時間もかかりますがエクセルを持っていない、使い方が分からない!という方はWEB上での住所登録のほうが良いかもしれません。

いずれにしても、パソコンがある程度触れる方であれば問題なくできるはずです。

デザインはシンプルにまとまったものがメイン

最近の喪中ハガキではおしゃれでスタイリッシュなものも増えています。

ですが、カードボックスでは全体的にオーソドックスでシンプルなものが多いですね。

まず種類としては大きく4つあり、

  • 特選デザイン(152点):20枚2,794円
  • フルカラー(118点):20枚2,632円
  • 薄墨(176点):20枚2,146円~
  • モノクロ(48点):20枚2,146円

となっています。
※上記は早割25%OFF時の印刷料金のみ。はがき代は含まず。

これらについてはさほど料金差もありませんし、あまり価格で悩むことはないと思いますね!

これが安いかどうかで言えば、まぁ普通といったところでしょう。

当サイトではネットスクウェアの喪中はがきもおすすめしていますが、料金だけで言えばそっちほうが安いです。

ですがカードボックスは宛名印刷も無料で出来る、という点を考慮して選ぶ業者なのでその点が違いますよね!

取りあえず、個性を強めに出したいという希望が無い限りはこれらのデザインでも十分なレベル、と言って間違いありません。

プレミアム喪中はがきも実は人気

上記のデザインよりもややお値段はしますが、特殊和紙を貼り合わせたプレミアム感あふれる「プレミアム喪中はがき」というものもあります。

フチなしデザインでかなりおしゃれなんですが、喪中ハガキとしては珍しいですが、その分もらったほうとしてはちょっと嬉しい気持ちになるかもしれません。

また故人の存在感もここで改めてグッと出せる可能性があります。

プレミアム喪中はがきにもデザインは56点もあるのでいろいろ選べますが、特にかすみ草、胡蝶蘭、菊、藤デザインが人気になっているようですよ!

※プレミアム喪中はがきの人気ベスト5がこれ

早割の割引率が大きい今のうちがお得

カードボックスでは他の喪中はがき印刷会社と同じく、早めに申し込んだほうがお得な早割をやっています。

つまり明日よりも今の方がちょっとお安く申し込みができる可能性がある、ってこと。

少なくとも週レベルで遅れると料金はちょっと差が出やすくなるでしょう。

というわけで、ここまで説明した条件で希望に合致しそうならぜひ喪中ハガキの作成&発注をしてみてくださいね!

※カードボックス喪中はがき公式ページがコチラ

他業者との料金比較をしてみた結果

当サイトでは他にもいくつかのおすすめ喪中はがき会社を紹介していますが、今年特にイチオシ中なのは安いネットスクウェア、おしゃれな挨拶状ドットコムです。

この2つとカードボックスを比較するとどうか?という視点でまとめてみましたよ!

ネットスクウェアとの比較

ネットスクウェアの喪中はがきの特徴は、宛名印刷は出来ないけど安い!しかもデザイン数も多くておしゃれ!ということです。

なのでここでは料金で比較をして見るのが良いかと思います。

どちらも早割はやっていますが、10/3時点での料金をシンプルに比較してみましょう!

枚数カードボックスネットスクウェア
30枚4,735円3,665円
50枚6,461円5,024円
70枚
8,187円6,606円
100枚10,776円8,723円
200枚18,596円16,232円

※どちらもフルカラーデザインで計算
※印刷料金及びはがき代62円/1枚で計算した税込料金
※10/3時点での割引込み

というわけで、安さで言えばネットスクウェアの圧倒的勝利でした。

挨拶状ドットコムとの比較

挨拶状ドットコムはデザインが本当にオシャレですし、業界のトップリーダー的な存在です。

それに宛名印刷は基本料金無料であとは1枚当たり10円(枚数が多いと更に安くなる)という計算になっています。

挨拶状ドットコムとは宛名印刷をやった場合での比較をしてみましょう!

枚数 カードボックス 挨拶状ドットコム
印刷料金+宛名印刷無料 印刷料金 宛名印刷料金との合計
30枚 4,735円 5,326円 5,626円
50枚 6,461円 7,474円 7,974円
70枚 8,187円 9,491円 10,191円
100枚 10,776円 12,518円 13,518円

※どちらもフルカラーデザインで計算
※印刷料金及びはがき代62円/1枚で計算した税込料金
※10/3時点での割引込み

ということで、ここではカードボックスがかなり安いという結果になりましたね!

やっぱり宛名印刷無料というのは非常に大きいと思います。

年賀状ほどではありませんが、喪中はがきを安くコスパよく注文できるネットサービスはそれなりに存在しています。当サイトではそれぞれを実際に使ってみながら料金、クオリティー等の面で比較して、現時点のおすすめをご紹介しております。宛名印刷がないけど安い、宛名は無料でできる!、デザインがいい!などいろんな特長を持った会社がありますよ!ぜひ納得の品質を前提に、喪中はがき 安いという最高の条件で安心して故人を偲ぶためのはがきを作ってみてはどうでしょうか。