喪中はがきの印刷が安い、そしておしゃれなサービス

喪中はがき、宛名印刷も無料のネット注文サービスを教えて!!!

喪中はがきだと特に大事になる宛名の印刷!これを無料でできるところがありますので、それを以下にまとめておきました!
ぜひちょっとでも安くお得に宛名印刷を済ませちゃいましょう! いまどき家のプリンターで…っていうのは非効率ですよ!


喪中はがき印刷において、宛名面への相手方情報の印刷はけっこう大事になってくるかと思います。

故人を偲ぶために送るものですし、年賀状のように気楽に手書きで~♪とはいきませんよね(^_^;)

字がある程度キレイであれば気合いを気持ちを込めて自分で書く!というのも大変有効ですが、そうでないならば印刷したほうが遥かにいいと思います。

その場合にぜひ使いたいのが宛名印刷までやってくれるネット業者で、且つ無料での印刷を受け付けてくれるところ。

喪中はがき自体はそもそも安いところが多いですが、宛名印刷でバーン!料金が跳ね上がりやすいです。

でもそこを無料で。。。となったら、こんな嬉しいことはありません。

喪中はがきで宛名印刷まで無料!それが可能なサービス一覧

おたより本舗(おすすめ!)

  • 宛名印刷で選べる書体:楷書体、明朝体、ゴシック体、丸ゴシック体
  • データ変換、入力代行サービス:基本料金3,500円+1件30円
  • ポストへの投函代理サービス:可能
  • 特長:モノクロから一般的なデザイン、更には趣味や想い出写真を使えるものまでデザインタイプが多数!
  • ※要参照ページ:宛名印刷サービス|喪中はがき印刷の専門店 おたより本舗

カードボックス

  • 宛名印刷で選べる書体:楷書体、明朝体、行書体、隷書体(印字方向の縦・横の選択も可能)
  • データ変換、入力代行サービス:なし
  • ポストへの投函代理サービス:なし
  • 特長:会員登録で即10%OFFが嬉しい!デザイン数・タイプも充分なくらい揃っています
  • ※要参照ページ:宛名印刷キャンペーン実施中 – Cardbox

ふみいろ喪中はがき

しまうまプリント

ネット注文における宛名印刷ファイル、住所録の作り方

喪中はがき印刷をネットでオーダーする場合、宛名印刷も同時に依頼したいならその為の住所録を作って登録する必要があります。これが無いと宛名の印刷はできませんよね!

じゃあこの住所録・リストはどうやって作るのか!?という話なんですが、

・(面倒だけど)1件ずつWEBページ上で1件ずつ登録
・各社の専用ファイルをエクセルで開き住所を登録⇒一括登録!

というやり方があります。

30件以内ならまだ手動入力も可能ですが、それ以上になるならばエクセルでの宛先登録が良いでしょうね。

そしてほとんどの場合において、専用ファイルというのはCSV形式のファイルになります。これをエクセルで開いて編集するというわけです。

入力する項目も決まっているので難しいことはないのですが、エクセルがPCに入っているかどうかが一番の問題かもしれませんね(^_^;)

おたより本舗での住所録作成をお見せします!

おたより本舗は宛名印刷無料に魅力を感じて実際に喪中ハガキ作成で利用したサービスですが、ここを例に住所録の作り方をご紹介しますね!

どこも同じようなやり方になりますが、1つでも例を見ておくとイメージが湧きやすいかと思います。

  1. ◆まずはマイページ内で「Excelファイルで一括登録」タブを選び、テンプレートファイルをダウンロードします。使っているエクセルのバージョンによって対応ファイルが異なるので注意!
  2. ◆こちらがそのダウンロードしたテンプレを開いたところですが、具体的な注意点、入力方法などが書き込まれているためこれに従って住所や名前を埋めていきましょう。強いて言えば最初にこの説明を読むのが大変かもしれませんが、その後は別に難しくもありません。
  3. ◆住所データの入力が終わったら保存し、マイページ内からアップロードをしてください。これでもう完成となります。せっかくなので宛名グループを作っておくと便利かもしれませんね。

・・・というわけで件数が多ければこういった方法
少ないならば手で入力しても良いでしょう。

手動での入力もやってみましたが、そんなに苦にはなりませんでしたよ!

また件数が多いし宛名リストを作るなんてできない!という場合には、宛名の入力代行サービスを使えばいいでしょう。

有料ですが多くのところがこれをやっていますので、お金を払ってでもやってもらったほうが正確でスピーディーに終わらせることができるため大変便利です!

年賀状ほどではありませんが、喪中はがきを安くコスパよく注文できるネットサービスはそれなりに存在しています。当サイトではそれぞれを実際に使ってみながら料金、クオリティー等の面で比較して、現時点のおすすめをご紹介しております。宛名印刷がないけど安い、宛名は無料でできる!、デザインがいい!などいろんな特長を持った会社がありますよ!ぜひ納得の品質を前提に、喪中はがき 安いという最高の条件で安心して故人を偲ぶためのはがきを作ってみてはどうでしょうか。