喪中はがきの印刷が安い、そしておしゃれなサービス

喪中はがき、12月に亡くなった場合はどうしたらいいの?

喪中はがきは11月~12月前半までには先方に届けたいものですが、
もし身内が12月に亡くなった場合はどうしたらいいのか?という問題がありますね。

12月前半ならまだ急げば喪中はがきも年内に十分間に合いますが、
お葬式はじめいろいろとやる中で喪中はがきをちゃんと準備できる人は少ないと思います。

さて、このケースなんですが、
もうその年は何もしない!というのがベストなやり方です。

その上で年が明けてから寒中見舞いにて12月に身内が亡くなった旨をお伝えしましょう。

当然ですが親戚など、故人の死を知っている方には特に何も用意する必要はありませんね。
本来、年賀状を出す予定だった身内以外の方に送ればOKです。

実は喪中期間は思ったより長い

そしてもっと言えば、
12月に亡くなった場合の喪中期間は1年後の1月まで続きます。

なので、正確に言えば、
12月に亡くなる⇒1月・寒中見舞いはがき⇒12月・喪中はがき
となるんです。

但し現代ではここまで厳密にやっている方はあまりいませんし、
こうすることで逆に変に思われることもあるかもしれません。

そのため、12月に亡くなっても翌年は普通に年賀状を出す、
という選択をしても全く問題ないと言っていいでしょう。

故人ももしかしたら、喪に服するのはもうやめて、
明るく周りと年賀状のやり取りをして欲しいと思っているかもしれません。

⇒喪中はがき印刷が安い、早い!おすすめ業者 TOPへ

意識調査アンケート企画!

women-which2

宛名は手書きと印刷どちらがいい??
みんなはどっちで作っているんだろう・・・

郵便局で喪中はがきは売ってる?ネット注文は?

yubinkyoku

ペットの喪中はがき、作る?

retriever

最近の投稿