喪中はがきの印刷でおすすめの安い業者

喪中はがき印刷でおすすめの安いネット業者

ネットスクウェア
とにかく安い!
年賀状で安くて大人気のネットスクウェア。ここの喪中はがきも同じように安いですし、値段重視でやりたい方には非常におすすめです!! デザイン数はカラー、白黒、薄墨の全部合計で52種類。多くはないですが十分満足できるレベルです。 またアプリ等を入れなくてもそのままスマホ、iPhoneから注文できる点も手軽で良いですよ!

但し、ネックとしては宛名印刷サービスがないこと!こればっかりは自宅のプリンターを使うか、手書きでやるしかありません。
1枚当たり料金
80~90円
デザイン数
52種類
送料(納品時)
無料
宛名印刷
なし
挨拶状ドットコム
宛名印刷が無料なのが助かる!
ネットスクウェアよりもちょっとだけこだわったデザインで、そして宛名印刷も無料でやってくれるのが売りの挨拶状ドットコムさん。 モダンなデザインの「スタリッシュ喪中はがき」もあるので、個性を少しだけ出したい方には凄いおすすめです。 値段的には1枚100円前後で出来ますので別に高いという感じも全然しませんよね。むしろまだ安いほうです。

また値段は上がりますが、プレミアムな仕上がりになる「はながすみ」や「モノクロ大礼紙」というサービスもあります。
1枚当たり料金
100~110円
デザイン数
131種類
送料(納品時)
無料
宛名印刷
完全無料サービス中
平安堂
絶対的な安心感!!
リアル店舗もある平安堂のネット受付バージョンがこれ。 数あるネット注文業者の中でも、喪中はがきではここが信頼度がずば抜けて高いと思われます。

宛名印刷はお金がかかるものの、他には絶対にない毛筆書体でやってくれますので仕上がりは最高です。 また300円で校正オプションも付けられるので、自分が気付かなかったうっかりミスや失礼なことも事前にチェックされ、万全の喪中はがきが完成しますよ!
1枚当たり料金
100~200円
デザイン数
かなり大量にあります!
送料(納品時)
無料
宛名印刷
有料で受付中
ネットプリントジャパン
個性的なデザイン多し!今風な喪中はがきが!
喪中はがきも時代の流れでシンプルよりもちょっと個性的な、華やかなデザインが良いという方も増えてきていますよね。 そんな方の要望に応えてくれるのがネットプリントジャパンです。 スタイリッシュ、和風、カジュアルテイストのデザインがあって、この辺は明らかに他の印刷業者とは一線を画しますね。

ここも宛名印刷は無料ですし、ポストへの投函代行もやってくれます。
1枚当たり料金
100~110円
デザイン数
52種類
送料(納品時)
540円
宛名印刷
無料サービス中

日本最大級のネットワークを持つあの半民間の喪中ハガキは・・・

郵便局(番外編)
年賀状なら使えるが喪中ハガキでは・・・
日本人の信頼が大きい郵便局ですが、ここので喪中はがき印刷は特におすすめというわけでもありません。 が、知名度が凄いので一応、番外編ということで掲載しておきました。

郵便局でも印刷のネット注文を毎年していますが、印刷料は格安でもなく、また宛名印刷も有料とサービスとなるのでちょっとお得感に欠けるな~というのが本音。 それでも日本郵政に全幅の信頼を置きます!という方であれば気になさらずにどうぞ!という感じですね。

一発理解!喪中はがきのネット注文、特徴・勢力図

今の時代、喪中はがきのネット注文なんてどこでもやってはいるんですが、
安さやおしゃれさ、便利さの観点で見ると上記のサービスがベストである、
という結論に至っています。

それを更に図で表すとこんな感じになるのでちょっと見てみてください。

基本となる2つの軸の上でこのように表現されるかと思います。

⇒図を挿入

安さとオシャレさで群を抜くのが挨拶状ドットコム、ネットプリントジャパンであり、
更にとにかく安いの重視で選ばれるネットスクウェア、
そして付加価値なども大事だよね!で支持をある平安堂、
・・・こんな感じになっています。

はっきり言って、家で喪中はがきを作る時代は完全に終わった!

自宅にあるプリンターを使って年賀状やも喪中はがきを印刷していた家庭も昔はありましたが、
ここ数年でネット印刷業者が増え、しかも価格競争が起きたせいもあり非常にコスパのいい注文ができるようになりました。

もうね、家で作るよりも断然クオリティは高いし、コスパにも優れています。
プリンターにインクを入れ、デザインを決め、、、という手間のかかることはもうやめたほうがいいのは間違いありません。

自宅用のプリンターも年々進化はしていますが、
業務用のしっかりしたものには敵いませんしね。

またネット注文で楽だな~と感じる瞬間が、挨拶文を考えなくてもいいってことでしょうか。
喪中はがきではどういう言葉を並べるのがマナーなのかわからないことも多いですが、
注文サイト上で挨拶文の例、候補がいくつもあり、その中から選択すればいいだけの仕様になっています。
(もしくはそれを自分でちょっと編集するなど)

年賀状のように写真を用意する必要もありませんので、
驚くほどあっという間に発注は終わってしまいますよ!

喪中はがきは薄墨じゃないとダメなの??

よくある誤解として、デザインやそこに印刷する文字は薄墨でないとダメ!というものがあります。
私も昔、親戚の人にそういう話を聞いて喪中はがき=絶対に薄墨!と思い込んでいたんです。

が、ネットで喪中はがきを注文する際、
薄墨以外のデザインも普通にあるではないですか!!!

これは・・・と思って調べてみたんですが、別に薄墨でなければいけないということはないみたいなんですね。
もうご存知かもしれませんが、薄墨は悲しみの涙で墨が薄れることを意味します。
日本人の場合はこういうのを非常に大事にしますのでここに拘りを持っている方も未だに多いでしょう。

何だかんだいって私は薄墨にしましたが、印刷料金が高くなるということもありません。
強いて言えば、白黒のデザインよりはちょっとだけ料金増しになるくらいです。

というわけで、古来日本の風習を重んじて、
喪中はがきでしっかりと雰囲気や思いを載せたいのならば薄墨で、、、
という気持ちがあるならば薄墨デザインにすればいいでしょう。

初めての喪中はがき、官製にするか私製にするか?

私が初めて喪中はがきを作る時はこの違いさえも良くわかっていませんでした。
恥ずかしい限りですね。

まず、はがきには切手を貼る必要のない官製と、
別途切ってを貼らないといけない私製があるのはご存知ですよね?

官制はがきと私製はがき

で、年賀状の場合はみなさんけっこう当たり前に官製を使いますが、
喪中はがきでは私製を使うという選択肢もあるんです。

実際、ネット注文する際にその選択肢があるんですよね。

調べたところ、一昔前は私製に慶事用切手を貼って喪中はがきとしていたのですが、
昨今は喪中はがき用の官製が出たため、それと使うのも一般的になっているとのこと。

ですがやっぱり切手を貼ったほうが見た目的に良い、
1枚1枚気持ちを入れて作業している感が出るので嬉しい、
という声もあるようなんです。

その場合ははがき代に切手代52円もかかるので予算がかさみます。
しかも郵便局などに慶事用切手を買いにいく手間もあります。

※喪中~で使う切手をください!というと、
このような花文様デザインのものを差し出されます。

慶事用切手

私の場合は今のスタンダードである官製はがきを選び、
一番手間のかからないものにしました
が、
こういう選択肢が喪中はがきにはあるんだよ!と知っておくと良いと思います。

喪中ハガキを出したのに年賀状が来た!でも怒っちゃダメ!

日本では喪中ハガキが来た相手に年賀状を出すことは非常に失礼である、
という認識が常識かのように浸透していますが、
実はこれは間違いだって気づいていましたか??

喪中はがきっていうのは、いわばコチラサイドの勝手な「喪に服します宣言」であり、
それを相手に強要するようなものではないのです。

なので相手におめでとうと言うな!というサインでもありません。
が、これがいつからか誤解が生じてしまったわけです。

世の中を見まわしていると、喪中の自分のところに年賀状を送ってきやがって!!
と怒っている方がけっこう多いように見受けられますが、
あれはね、もう勝手に意味不明に怒っている人、としか受け取られませんので気を付けてください。

無理に自分の品性、品格を落としてしまっているような行為ですからね。

とは言っても間違ったことが常識化してしまっている以上、
その気持ちもわからなくはありません。

なので、運よく(?)この記事を読んでくれたあなたはこのことを頭に入れ、
上記のようなことで間違った怒りを憶えないようにしてもらえたらと思います!

意識調査アンケート企画!

women-which2

宛名は手書きと印刷どちらがいい??
みんなはどっちで作っているんだろう・・・

郵便局で喪中はがきは売ってる?ネット注文は?

yubinkyoku

ペットの喪中はがき、作る?

retriever

最近の投稿